『アベンジャーズ/エンドゲーム』上映時間が長すぎて休憩をはさむかも?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

現在編集作業が行われているマーベル・スタジオ最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』
20作以上に及ぶシリーズの集大成となる作品でもあり、多くのキャラクターが登場する今作は、それだけ上映時間も長くなることが伝えられていました。監督によるとそれは役3時間にもなるとコメントされています。

もしこのまま3時間の超大作となれば、MCU史上最も長い上映時間の作品になることは間違いありません。

そんな中、海外メディアでは長い上映時間に対処するために途中休憩が挟まれるのではないかと伝えています。

テスト上映ではほとんどトイレにいかなかったとも

海外メディアのComicbook.comは、ある情報筋からの情報をもとに、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に途中でトイレ休憩が挟まれるという噂を報じています。


『噂によると、マーベルは『アベンジャーズ/エンドゲーム』が今のところ3時間に及ぶことに対して、インターミッション(=途中休憩)を入れることを考えているといいます。』

噂段階ではありますが、ここまで長い映画をずっと座って見続けるにはそれなりに体力も使いますし、トイレも行きたくなるでしょう。ちなみに上映前の予告などを入れたら3時間越えすることは容易に想像できます。

もし途中休憩があるとすると、製作サイドでどのタイミングで休憩を入れるを決めるため、物語の切れ目としてはテレビドラマのCMのような感覚だと思われます。
ただここ数十年の間に休憩が入れられてた例は洋画でも邦画でもほとんどありません

ちなみにマーベルスタジオはごく少数の観客向けに『エンドゲーム』のテスト上映を4回行っていることが判明しています。

'Avengers: Endgame' Test Audiences Are Refusing to Go to the Bathroom Before the Movie Is Over

テストで上映されたものは実際に3時間のものだと監督がコメントしており、上映4回のうち3回では誰もトイレに立つ観客はいなかったことが報告されています。

このことから、実際に公開されたあとも途中休憩が挟まれる可能性は現時点では低いかもしれません。

人によっては集中が切れてしまい、好まないという考えもあるでしょう(僕もどちらかというと無いほうがいい)。

果たして公開されるときにはどこまで長い映画になるのでしょうか?注目していきましょう。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日に公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!