2019年スーパー戦隊シリーズのタイトルが商標登録バレか?

      2018/10/18

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

※この記事はスーパー戦隊シリーズに関するネタバレが含まれています。ご注意ください。

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の放送が始まってから半年以上経ち、すでに折り返し地点を通り過ぎてしまいました・・・。早いものですねぇ。

そんな中、もはや毎年恒例のスーパー戦隊の商標登録バレが来ました!!

※この記事はスーパー戦隊シリーズに関するネタバレが含まれています。ご注意ください。

2019年の戦隊は騎士がモチーフ?

商標登録情報ツイートしているツイッターアカウントの商標速報botにて以下の投稿がされました。


東映による新たな商標登録として『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の名前が判明!おそらく2019年にスタートするシリーズ43作目のスーパー戦隊新作タイトルだと思われます!!

騎士に竜と聞いて、遊戯王カードの竜騎士ガイアを思い出しましたが、次は5人(または3人?)がそれぞれドラゴンにのって戦うのかな?
また騎士と聞くと『仮面ライダー龍騎』のような西洋甲冑モチーフのデザインを想起しますね。かなりクールなデザインになることも予想できます!

今のところこの名前に関する情報しかないため、また新たなな情報が公開されしだいお知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


 comment
  1. 匿名 より:

    本作がもしかしたら、スーパー戦隊シリーズの最終作になるかもしれない。フジTVのワンピと放送時間帯が被っている上、支持層が広いそれとは違いメインターゲットの男子は少子化により視聴率は減るだろうし、見るとしても録画で中には、子育て世代は生活苦だから商品をねだらないように、cmを飛ばすことで売上が下がるだろう。それによって商品展開が広いが故に赤字も出るかもしれない。まさに、「二兎追う者は一兎をも得ず」という状態が続くだろう。それでも、打ち切りにならず、1年間放送して欲しい!

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!