『バットガール』、ヴィラン役にブレンダン・フレイザーが出演 ー 『ドゥーム・パトロール』ではロボットマンの声優

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

海外メディアから入ってきた新たな情報によれば、現在制作の準備が進んでいる配信映画『バットガール』のヴィラン役に、『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』などに出演したブレンダン・フレイザーが決定したと伝えている。

‘Batgirl’: Brendan Fraser To Play Villain In New Warner Bros And DC Pic Starring Leslie Grace

今のところでは役柄の詳細はわかっていないが、DCコミックスに登場するスーパーヴィランのファイヤーフライを演じると予想されている。バットガールの宿敵でもあるキャラクターでもあるため、二人の対決が映像化されることに期待が集まっている。

ちなみにブレンダン・フレイザーはDCドラマ『ドゥーム・パトロール』でロボットマンの声優を務めている。すでに別のDC作品に出演しながら、全く異なるキャラクターを演じる俳優としても非常に珍しいパターンとなっている。

実写版『バットガール』はレスリー・グレイスが主演を務める予定の配信映画。ジェームズ・ゴードン刑事の娘バーバラ・ゴードン/バットガールを主人公とした作品で、長年劇場公開作品として計画があったものでもある。
ジェームズ・ゴードン役には『ジャスティス・リーグ』で同役を演じたJ・K・シモンズが出演交渉しているとされており、もし実現すれば今作がDCEUシリーズの一部ということにもなり得る。

『バットガール』はHBO Maxで配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする