S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

      2015/09/28

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュードのレビューです。


S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

BODY:全身

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュードのレビューです。
まずは全身。ロイミュードのフィギュアーツとしては初の可動フィギュア化です。心臓がモチーフということで、結構グロテスクな印象。赤の塗装も心臓らしい赤黒っぽいです。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

バストアップ。食いしばった歯や角などの造形はそのまま再現してありますね。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

ハートロイミュードの心臓。こちらも造形、塗装共に素晴らしい出来。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

フィギュアーツの魔進チェイサーとドライブのタイプテクニックと比較。角の分身長が高いので大きくみえます。この感じも劇中のイメージに近いのではないでしょうか。

ACCESSORIES:付属品

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

付属品の手首です。

MOVING PART:可動

可動。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

素体自体はよく動くものですが、肩のアーマーが上方向へほとんど動かないので、おかげで腕の可動もかなり制限されています。脚の可動はスカートがありますが軟質素材なので、ある程度融通がききます。

ACTION:アクション

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

ロイミュード002が進化した心臓を髣髴とさせる姿をしたハートの本来の姿。グローバルフリーズの日に進化態へと進化を遂げた。
内燃機関のパワーを限界値以上に引き出す能力を有しており、極めて高い戦闘能力を誇る。
怒りが頂点に達するとデッドゾーンという暴走状態に到達しさらに凄まじいパワーを発揮するが、自身へのキックバックも大きく(これに関してはメディックの調整により改善しつつある)、下手すると自爆してしまう諸刃の剣でもある。また、後にメディックの強化改造により超重加速の能力も得る。
相手の強さを受けすぐにそれを上回るという能力を持ち、ドライブのタイプトライドロンとすら互角以上に渡りあう。(wiki引用)

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

平成ライダーの怪人フィギュアーツとしてはハートロイミュードはだいぶ久々な気がしますので、造形については気合いが入っていますね。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

ハートを守る魔進チェイサー。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

デッドヒートゾーンに入ったハートと自爆覚悟のタイプテクニック。パッケージ裏にもある印象的なシーンですね。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

そしてデッドヒート対決。

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

S.H.フィギュアーツ ハートロイミュード レビュー

チェイサーと2ショットで終わり

以上、S.H.フィギュアーツ ハートロイミュードのレビューでした。

いつも通り怪人アーツの安定したクオリティーのハートロイミュードでした。グロテスクナ心臓モチーフデザインの再現度は素晴らしい。
可動に関しては先ほどいた通り、肩アーマーのせいで腕の上可動が狭くなってしまったのは残念。ただ今回のハートロイミュードはある意味タイプテクニックとの絡みを再現したいがために買ったみたいなものなので、他のドライブのフィギュアーツと絡めれば結構楽しいものですね。

ゆとぴ

オススメ記事

関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です