S.H.フィギュアーツ ドラス レビュー

      2015/09/28

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ ドラスのレビューです。

S.H.フィギュアーツ ドラス

BODY:全身

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

まずは全身。ひさしぶりの怪人フィギュアーツです。生々しい造形で完成度高いです。

S.H.フィギュアーツ ドラス

バストアップ。目はクリアパーツ。口のあたりの細かいモールドがかっこいいです。

S.H.フィギュアーツ ドラス

そしてこの長い角。軟質ではないので扱い注意です。

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

右肩や左胸にはクリアパーツが使われてます。

S.H.フィギュアーツ ドラス

尻尾は根元のみの可動です。

S.H.フィギュアーツ ドラス

フィギュアーツのZOと比較。角を除けば、刀身は同じぐらいです。

ACCESSORIES:付属品

S.H.フィギュアーツ ドラス

付属品の手首です。

S.H.フィギュアーツ ドラス

短いしっぽも付属します。

MOVING PART:可動

可動。

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

上半身はよく動きますが、脚は、太もものとがった部分が股関節に干渉するので、前への可動が狭いです。

ACTION:アクション

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ ドラス

ネオ生命体が金属などを取り込んで作り上げた戦闘形態。移動時には球状や液状になって移動する。右肩のマリキュレーザーからは数km先の鉄塔をも破壊する分子破壊光線の照射、および電流攻撃が可能、厚さ30cmのコンクリートをも貫く伸縮自在な尻尾、右腕から発射するロケットパンチや左腕から出るムチなど、数多くの武器を全身に備えている。その戦闘力はZOを遥かに上回るものである。再生能力にも長けており、右腕を切断されても周囲の金属を集めて巨大な3本爪の腕へと強化再生(復活時には元の腕に戻っているが)したり、腹に風穴を開けられても金属を取り込み再生したりしている。自らの分身を作り出すことも可能。

成長過程で自我に目覚め、狂気の望月博士に教わったとおり人間は感情に左右される未熟な生き物と判断し、それを淘汰して生態系の頂点に立とうと望むようになる。しかし、その成長を恐れた望月博士に成長を止められ、定期的に生体プールに浸からなければ生命を維持できない弱点が残ったため、これを克服するよう望月博士に脅迫、望月博士を機械に融合し、宏を襲撃した。
最終的にZOを体内に取り込むことによって、赤い姿の強化形態になり、宏に詰め寄るが、幼生の時、宏に聞かされていた懐中時計のオルゴールを聞いて「家族」の記憶を思い出し優しい気持ちになったため精神に乱れが生じ、その隙に生体プールを望月博士に破壊され、さらに宏の呼びかけで意識を取り戻したZOと分離。続けざまに放たれたZOキックを受け、父親の名を呼びながら力尽きた。
その姿からは“仮面ライダー”に似た特徴(仮面ライダーの変身ベルトのバックルのような部位、緑色の体色、バッタのような顔立ちで眉間から2本の触角が生えているなど)が散見される。
企画段階ではシャドームーンのような「悪の仮面ライダー」として想定されていた。シャドームーンと並んで、ライダーのみの商品シリーズに怪人側でありながら混ざってラインナップされたりと、敵キャラクターとしては他の怪人に比べ商品化に恵まれている。

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

ラスボス感がすごい。

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

S.H.フィギュアーツ ドラス

しっぽの感じがフリーザっぽいですね。

S.H.フィギュアーツ ドラス

ZOと絡めて。昭和ライダーの怪人って珍しいですよね。

S.H.フィギュアーツ ドラス

MOVIE大戦では10大平成ライダーの最強フォーム+ディエンドにフルボッコされてましたが。

S.H.フィギュアーツ ドラス

以上、S.H.フィギュアーツ ドラスのレビューでした。

造形としてはクオリティー高くできていました。塗装のテカりの感じも生々しさが出ていて、雰囲気あります。個人的に尻尾に可動軸が欲しいところでしたね。付属品が少ないので、頑張ってもらいたかったです。
それ以外はよくできていました。

ゆとぴ

オススメ記事

関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です