S.H.フィギュアーツ オートバジン レビュー

      2016/11/21

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ オートバジンのレビューです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

BODY

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジンのレビューです。
まずは全身。メカメカしく、プロポーションも劇中さながらですね。造形の密度が非常に濃いです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

バストアップ。少し小顔な気がしますが、よくできています。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

バイザーは上にあげることが可能で、中のメカを露出させることができます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

ファイズと比較。もう少し大きいイメージがありましたが、実際はこのぐらいのサイズ感なんだと思います。

ACCESSORIES

付属品

S.H.フィギュアーツ オートバジン

こちらはオートバジンの手首です。握り手、持ち手、開き手がそれぞれ両手付属します。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

こちらはファイズのハンドル握り手。指先が銀色に塗装されています。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

こちらはファイズギアボックス。スマートブレインのロゴもしっかり再現。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

ファイズギアボックスは開くこともできます。中にアイテムをしまうことはできないですが、形は造形されていますね。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

もちろんファイズにもたせることもできます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

こちらはオートバジンのバイクモードに装着するファイズギア固定用パーツです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

このように固定できます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

いつものディスプレイスタンドも付属。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

こちらはオートバジンとビークル形態でそれぞれに合わせた頭部を付け替えることのできるパーツです。若干大きめの方がビークル形態専用のものになります。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

最後にバスターホイールを持つための補助パーツが付属します。

MOVING PART

可動。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

可動に関しては意外と自由に動かせる印象ですね。腰は回らないですが、アクションする分には申し分ないです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

脚もここまで上がります。

TRANSFORM

変形。

変形について説明していこうと思います。ちなみにバンダイの公式動画でも説明したものがあるので、ご覧になってみてください。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

あらかじめ手首を持ち手に変える必要があります。
まずは背中の後輪を写真の位置に持ってきます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

次に肩の基部を下げます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

頭の後ろにあるハンドルを前にもってきます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

そして体の前面を上に持ち上げます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

左肩の前輪カバーを後ろに動かします。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

次に左腕を前に持ってきます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

その時、ハンドル部と接続するために突起があるので、差し込みます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

反対側も同様です。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

次につま先を伸ばし、膝をまげ、写真のような状態にします。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

そして両脚を合わせます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

つなぎ合わせた脚とバイクの座る部分を写真のように接続します。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

次に後輪に付属の補助パーツをとりつけ、T字になっているところに補助パーツの溝を差し込みます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

最後に前輪を手に持たせます。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

オートバジン・ビークルモードです。しっかりバイクになっていますねー。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

チェーンの造形も細かく再現。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

スマートブレインのロゴも再現。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

ファイズを乗せて。結構しっかりと座らせることができます。サイズも問題ないかと。

ACTION

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

スマートブレイン社の子会社であるスマートブレインモーターズ製の可変型バリアブルビークル(ベースモデルはホンダXR250)。重量は207kg。左側のハンドルグリップは着脱可能(上述)。通常形態のビークルモードと戦闘形態のバトルモードの変形機能を有する。本体の胸部(ハンドル手前)にあるスイッチを押す事で任意で変形するほか、搭載された次世代高速CPU・スマート PC Ⅳと、大容量HDD・SBV-HDDの働きによる自動変形も可能。高い自己学習機能も持ち、独自にファイズのサポートを行う。

ビークルモード
オートバイ形態。スマート PC Ⅳの働きで自立走行もできる。第39・40話では、真理が再び運転していた。

バトルモード
ロボット形態。高い戦闘能力を活かして格闘する他、後輪が変形したスクランブルローターは高速ホバー滑走機能を持ち、飛行も可能。また武器として16門のガトリングマズルが仕込まれた前輪・バスターホイールを装備し、12mm弾を1秒間に96発連射する。8話ではスカラベオルフェノクともどもファイズも誤射している。
最終回で変身が解除された巧をアークオルフェノクから救おうと援護し、光弾を喰らって破壊されるも木場勇治との戦いで忘れていったファイズブラスターを投げ渡した。
(wiki引用)

S.H.フィギュアーツ オートバジン

待ちに待ったオートバジンという感じですね。オーズのライドベンダーみたいに非変形かと思いましたが、まさか再現してくれるとは思いませんでした。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

強くあるために~♪

S.H.フィギュアーツ オートバジン

オートバジン本当にかっこいい。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

ポチッとな。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

バトルモード。
こちらもビークルモード同様に再現度高いです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

動かしやすいのもまたいいですね。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

つかむ場所がなく、ちょっとスタンドとの相性がわるかったです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

S.H.フィギュアーツ オートバジン

オートバジンと言えば、ファイズからの八つ当たりのシーンが印象的。
個人的にはディケイドの召喚したオートバジンのシーンも好きです。

S.H.フィギュアーツ オートバジン

以上、S.H.フィギュアーツ オートバジンのレビューでした。

ビークルモード、バトルモードともに劇中通りに再現されていて、なおかつ変形まで実現できているのは単純に感動しました。クオリティーも非常に高いですし、いままでフィギュアーツのバイクは、仮面ライダーを乗せにくいのがネックでしたが、オートバジンをそんなこともなく、ファイズとの相性もバツグンでした。
今回のオートバジンはフィギュアーツの中でも上位に入るぐらいレベルの高い商品だと思いますね。

ゆとぴ

オススメ記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です