S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

      2015/09/28

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法のレビューです。


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

BODY:全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法のレビューです。
まずは全身。真骨彫シリーズ第4弾です。プロポーションは実際のスーツやアクターさんに近いものに。バランスも素晴らしい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

バストアップ。まるで実写かとおもうほどのクオリティー。角の大きさやバランスも完ぺきです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

金色の塗装も以前のものより黄色味がほんのり強くなっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

変身ベルトのオルタリングです。クリアパーツの中まで造形が良くできています。サイドの紋章も再現しています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

フィギュアーツの旧アギトと比較。当時はこれでもよくできていたと思いましたが、大きさや体の太さも全然違いますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

顔は真骨彫のアギトの方が顔が大きく見えますが、その分角とのバランスがとれて、より実写に近くなっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

前作の真骨彫のクウガと、第1弾のカブトと。大きさとクオリティーが統一されていていいですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

アギトでは外せないフィギュアーツのギルスとG3-Xと比較。以外にもギルスが大きいので、あまり違和感無いですが、G3-Xはさすがにひょろくみえますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

比較的最近発売されたフィギュアーツのアギト シャイニングフォームとバーニングフォームと並べて。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

アギトのシャイニングに関しては若干シャイニングのが細い気がします。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

アギト バーニングは元々厳つい体形なので、違和感なし。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

最後にだいぶ前に発売したマシントルネイダーに乗せて。さすがに小さいですね。元々フィギュアーツ用に作られたものではなく、装着変身シリーズのアギトに合わせていますので、小さいのは仕方ないですね。角度を選べば見れなくもないかも。

ACCESSORIES:付属品

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

付属品の手首です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

クロスホーン展開状態頭部。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

今回は頭部まるまる交換です。

MOVING PART:可動

可動。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

真骨彫シリーズなので、アギトも問題なく可動させることができます。

ACTION:アクション

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

津上翔一がオルタリングを使用して変身する仮面ライダー。モチーフは龍。コンパウンドアイズ(複眼)の色は基本3フォーム・トリニティフォームは赤、バーニング・シャイニングフォームは黄色。頭部の金色の角・クロスホーンはグランド・トリニティフォームの必殺技使用時に展開する。バーニング・シャイニングフォーム時は赤く常時展開しており、形状もやや異なる。
あかつき号で「光」の力を多量に浴びたため他の人間よりも進化が速く、ストーリーの進行と共に素手・手持ち武器による格闘戦主体の様々なフォームへと変身可能になった。(wiki引用)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

すごいリアルなアギト。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

どんなポーズもきまりすぎ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

オルタリングの両サイドのスイッチを押すための手首もあるので、こんなアギトも再現できます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

真骨彫アギト発表時に掲載されていた真骨彫クウガとの2ショット。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

アギトとトルネイダー。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

トルネイダーのスライダーモーどなら大きさも気にならないですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

そして最後にアギトと言えばこの必殺技。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

目覚めろ。その魂!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法 レビュー

最後はアギトライダーズでフィニッシュ。

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 真骨彫製法のレビューでした。

真骨彫らしくハイクオリティーでまとめられてました。可動も素晴らしく、不安だったアギトの角の大きさも完ぺきでした。付属品は少ないですが、手喰いはアギトらしい表情のついた手首になっていたので、いろいろなシーンを再現することができました。アギトのフィギュアーツは元々バイクやサブライダーほとんどでそろっていたので、絡めやすくもあり、プレイバリューは非常に高かったですね。あとはリメイクトルネイダーを出してくれたら嬉しいですね。

ゆとぴ

オススメ記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です