S.H.フィギュアーツ

2017年5月20日

S.H.フィギュアーツ アナキン・スカイウォーカー(Attack of the Clones)早期購入版 レビュー

2017年4月28日

S.H.フィギュアーツ ホール・オブ・アーマー レビュー

2017年4月28日

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク6 レビュー

2017年4月28日

S.H.フィギュアーツ ハードボイルダー レビュー

2017年4月28日

S.H.フィギュアーツ Vマシーン レビュー

2017年4月8日

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 マーベル展開催記念カラー レビュー

2017年3月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマーレベル2 レビュー

2017年3月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイブ クエストゲーマーレベル2 レビュー

2017年3月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマーレベル2 レビュー

2017年3月25日

S.H.フィギュアーツ ガタックエクステンダー レビュー

2017年2月26日

S.H.フィギュアーツ ウォーマシン マーク3 レビュー

2017年2月26日

ULTRA-ACT x S.H.フィギュアーツ ULTRAMAN ACE SUIT レビュー

2017年2月24日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディープスペクター レビュー

2017年2月24日

S.H.フィギュアーツ 超魔進チェイサー レビュー

2017年2月24日

S.H.フィギュアーツ ジョーカー(スーサイド・スクワッド) レビュー

2017年2月17日

S.H.フィギュアーツ ホークアイ(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン) レビュー

2017年1月28日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーJ レビュー

2017年1月26日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ タイプトライドロン タイヤカキマゼールセット レビュー

2017年1月20日

S.H.フィギュアーツ ジャングレイダー レビュー

2016年12月30日

S.H.フィギュアーツ ハーレイ・クイン (スーサイド・スクワッド) レビュー

2016年12月24日

S.H.フィギュアーツ ン・ダグバ・ゼバ 真骨彫製法 レビュー

2016年12月23日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゴースト グレイトフル魂 レビュー

2016年12月10日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾンアルファ  Amzon限定版 レビュー

2016年11月23日

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク3 レビュー

2016年11月19日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾンオメガ Amazon限定版 レビュー

2016年11月18日

S.H.フィギュアーツ ブラックパンサー レビュー

2016年11月18日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーネクロム レビュー

2016年10月30日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーダークカブト ライダーフォーム 真骨彫製法 レビュー

2016年10月27日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーガタック ライダーフォーム 真骨彫製法 レビュー

2016年10月26日

S.H.フィギュアーツ トニー・スターク レビュー

2016年10月21日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンジョーカー 真骨彫製法 レビュー


S.H.フィギュアーツとは2008年よりバンダイから販売しているフィギュアシリーズです。前身は2000年から仮面ライダーを主に展開していた「装着変身」。装着変身の特徴である可動素体フィギュアにダイキャスト製の装甲を装着させ、劇中の変身を再現するというものをS.H.フィギュアーツでは廃止している。初期のラインナップでは足にダイキャストを使用していだが、現在は一部のラインナップのみ使用しています。体長14cm前後で可動域は非常に広く柔軟。手首は交換することによってキャラクターやポージングに合わせた表情をつけることが可能。頭部に動きのあるものは頭部全体を交換する方式が多く見られます。
武器などの付属品も必要最低限そのキャラクターに無くてはならないものが付属。非常に小さいながらも精巧に造形されています。
現在のラインナップは仮面ライダーが最多。そのほか特撮のスーパー戦隊やメタルヒーロー、近年はウルトラマンも展開中。
アニメはプリキュアシリーズや、ラブライブ!、セーラームーンなどの女性キャラが多く目立ちます。
そのほか実写映画や実在するアーティストの可動フィギュア化もラインナップに追加されています。(マーベル作品、スターウォーズや、マイケル・ジャクソン、ブルース・リー、フレディ・マーキュリーなど)
実在する人物の立体化の場合、3Dによる骨格の再現を行い、塗装は手作業ではなくデジタル彩色(カラープリンターのようなもの)で行い、本人に酷似するほどの完成度を再現しています。
難点としては再販が少なく、物によってはプレミア価格が付いており、新規で集めるのが困難な点、限定品が多いことによる資金面の問題があります。

公開日:
最終更新日:2016/10/31