実写『ヴェノム』に悪役としてカージネイジが登場することが判明!

      2017/07/04

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ハリウッドのリポーターによると、トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム』の悪役としてカーネイジが登場することが判明しました!

カーネイジはヴェノムと同様シンビオートで、ヴェノムから生まれたヴィラン。
宿主のクレタス・キャサディの殺人・破壊衝動に影響を受けて、純粋に殺戮のみをする怪物です。

原作漫画ではヴェノムの宿敵としても描かれ、カーネイジを倒すためならスパイダーマンとも手を組むほどお互いにいがみ合っている存在です。

ヴェノムは一度『スパイダーマン3』において実写化されていますが、カーネイジは初の実写ですね!イメージ的にはカーネイジの方がかなりグロテスクな見た目をしているので、実写の表現もすごいことになりそうですね。

今作『ヴェノム』は他のヒーロー映画とはまた違った立ち位置で、R指定としてホラーアクション映画として公開されるよう目指しています。
またこちらも制作が予定されているシルバーセーブルとブラックキャットが主人公の『Silver & Black』とも同じ世界観を共有すると言われています。

MCU版のスパイダーマンとの関連性は以前、ソニーのエイミー・パスカル氏からの発言で混迷しているので、ここは何とも言えないですね。

噂ではMCUスパイダーマンは2作目でMCUを離脱する可能性もあるといわれていますので、 離脱後はソニー・ピクチャーズが作ったスパイダーバースの中に組み込まれるのかもしれませんね。
そうすると今回のヴェノムやホームカミングのスパイダーマンの世界観が共有されていれもおかしくはないわけですし。
やっぱりスパイダーマンのいないヴェノムやカーネイジはどうもイメージわきにくいですしね!

映画『ヴェノム』は2018年10月5日全米公開予定。

オススメ記事

関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です